スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内田裕也、蓮舫行政刷新相にエール「ロックの魂を感じる」(スポーツ報知)

 菅直人新首相(63)は8日、内閣の顔ぶれを正式発表。目玉の1人が、行政刷新相に起用された蓮舫参院議員(42)だ。ロックミュージシャン・内田裕也(70)は、「ロックの魂を感じる」とエールを送った。

 内田は開口一番、「ストライクだね。女性、若さ、新鮮さがある。年下だから“ちゃん”づけで呼ばせてもらうよ。レンホーちゃんには、ロックンロールの魂を感じていたよ」。仕事でハワイに滞在中だが、入閣をニュースで知り「俺の魂を揺るがした」と話した。

 昨年11月の事業仕分けで蓮舫氏に注目するようになった。内田は「ロック界代表」として会場に足を運んだが、蓮舫氏が舌鋒(ぜっぽう)鋭く指摘する姿を見て「最初は口が過ぎると思った」。その後、4月に行われた2回目の事業仕分けも見学。黒いジャケットに赤と白のマフラー姿で現れ、蓮舫氏に5輪のバラをプレゼントした。今では「事業仕分けが盛り上がったのは彼女のおかげ」と評価している。

 91年の都知事選に立候補(落選)した内田は、政見放送でプレスリーの「今夜は1人かい?」を熱唱。税金の使途を明確にし無駄遣いの削減を訴えたが「タレント候補」と批判を浴びた。蓮舫氏もタレント出身だが「彼女のオーラは本物だ」とエールを送る。「帰国したら何かまたプレゼント贈るよ」

 「レンホーちゃん」は、内田の思いに応えられるか―。

 【関連記事】
内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学
本木雅弘に第3子 義父・内田裕也も祝福の「シェケナベイビー!」
行政刷新相に蓮舫氏
菅新首相、枝野幹事長を内定 消費者行政・少子化担当相には蓮舫氏

“女房役”仙谷官房長官 公務員改革 大言壮語の放り出し?(産経新聞)
<口蹄疫>戸別所得補償の特例措置検討へ 篠原副農相(毎日新聞)
菅首相会見速報(9)参院選勝敗ラインは50議席 (産経新聞)
高速5社、社長に民間人=天下りを排除―政府(時事通信)
日テレ社員装い、5万円詐取容疑(産経新聞)
スポンサーサイト

陛下、風邪で視察中止(時事通信)

 宮内庁は7日、神奈川県葉山町の葉山御用邸で静養中の天皇陛下が、風邪のため大事を取って同日午後の視察を中止されると発表した。8日の組閣に伴う首相任命式と閣僚認証式は予定通り行われる見通し。
 同庁によると、陛下は6日夜から発熱など風邪の症状があるといい、7日午後に予定されていた神奈川県水産技術センターの視察を取りやめる。 

弁護士刺殺 現場に大型ナイフ 手袋はめ、計画的犯行か(産経新聞)
新首相動静(6月4日)(時事通信)
<訃報>栗原祐幸さん89歳=元防衛庁長官(毎日新聞)
<鳩山首相辞任>「幹事長も辞職を」…小沢氏「わかった」(毎日新聞)
樽床氏「衆院定数80削減を」 代表選出馬会見 (産経新聞)

女性アナ派遣見送り サッカー南アW杯(産経新聞)

 6月11日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、テレビ、ラジオ各局は軒並み女性アナウンサーの現地への派遣を見送るなど中継スタッフの規模を4年前の前回ドイツ大会よりも縮小させる。現地の治安情勢が不安定なことが大きな要因だ。

 日本テレビは事前に現地視察を行った結果、50人のスタッフを派遣することに決めた。前回大会より20人少なく、女性は一人もいない。同局は「世界が注目する祭典だが、治安が悪く現地までのコスト負担の大きさやリスクを考えるとやむをえない」と話す。

 前回、女性アナウンサーや女性タレントが現地からリポートしたNHKとTBSは、両局とも今回は派遣を見合わせる。スタッフの数もNHKは73人、TBSは約30人とそれぞれ20人ずつ減らす。NHKは「治安や時差、放送する試合数などから総合的に判断した」と説明する。

 またテレビ朝日も前回の80人から約50人に縮小。テレビ東京は5分の1の10人程度と見込まれる。フジテレビは調整中という。

 危機管理コンサルタントの田中辰巳さんは「派遣人数を減らすだけでは、身の安全のリスクは減らない。現地スタッフを日本からの派遣人員以上に多く雇い、テロ情報の入手に努めるなど、安全確保に万全を期してほしい」と話している。

【関連記事】
EXILEのPVに岡ちゃん“出場” 俊輔ら6選手も参加
5・24日韓戦はチケット完売の超満員
“王位継承”本田、ヒデと初対面で本音吐いた
玉田と闘莉王にナイキがW杯専用スパイク
「韓国に勝て」犬飼会長、岡田Jに“厳命”負ければ更迭論も
中国が優等生路線に?

小沢氏側が上申書検討、検察審に異例の「潔白」主張(読売新聞)
とりあえず静観 服部緑地にヌートリア親子 大阪・豊中(産経新聞)
携帯「無料」ゲームに甘いわな アイテム購入で高額請求(産経新聞)
首相動静(5月19日)(時事通信)
亀井氏が社民離脱論に「子供みたいなこと言うな」(産経新聞)

小沢氏、再聴取 自民など証人喚問要求(産経新聞)

 東京地検特捜部による小沢一郎民主党幹事長の事情聴取を受け、自民党の谷垣禎一総裁は15日、神戸市内で記者団に「事情聴取は当然だ。小沢氏は宣誓した上で証言するのが基本だ」と述べ、証人喚問を求めた。

  [フォト]「検察もがんばっちゃったねえ」石川被告は電話で談笑

 共産党の穀田恵二国対委員長も「政権政党の幹事長が3回も検察の聴取を受けること自体が異常だ。証人喚問は待ったなしだ」とのコメントを発表。新党改革の舛添要一代表は「小沢氏は証人喚問や参考人招致に応じて説明責任を果たすべきだ」と語った。一方、公明党の山口那津男代表は「公開で衆院政治倫理審査会を開催すべきだ」と述べた。

【関連記事】
早期幕引き狙うが…首相と小沢氏が背負う重い「責任」
世論無視「絶対辞めない」小沢氏、今度は“アリバイ工作”
渡部氏、印籠ならぬ“引導”!?「ケジメをつける」
小沢氏、参院選にらみ幕引き図る? 早かった聴取応諾
内閣支持率19.1%「国民がいらだちを強めておられる」

ドーベルマン、散歩中の男性とトイプードル襲う(読売新聞)
<強盗強姦罪>元病院事務アルバイトに懲役23年 横浜地裁(毎日新聞)
山陽マルナカに立ち入り=優越的地位乱用で初の課徴金か―公取委(時事通信)
野良猫訴訟、加藤九段が控訴意向「給餌続けたい」(読売新聞)
ジャンボひと筋「3億円当たればハワイ移住」 宝くじ発売(産経新聞)

<太宰治賞>今村夏子さんの小説「あたらしい娘」が選ばれる(毎日新聞)

 第26回太宰治賞(筑摩書房、東京都三鷹市共催)の選考会が10日、三鷹市内であり、大阪市東住吉区のアルバイト、今村夏子さん(30)の小説「あたらしい娘」が選ばれた。両親や兄と別れるつらい経験を経て祖母と暮らす少女の姿を描き、状況描写だけで主人公の心の深い一点を描き出したことなどが評価された。贈呈式は6月16日午後6時、東京・丸の内の東京会館で開かれる。

【関連ニュース】
ホラー小説大賞:ふりーくかなさんの「あゝ人不着紬」に
直木賞:星川清司さんの最年長受賞者が確定
川端康成文学賞:高樹のぶ子さん「トモスイ」に
小池徹平:「現場はベテランの集まり」 “談合”テーマのNHKドラマ「鉄の骨」
日本ホラー小説大賞:ふりーくかなさんの「あゝ人不着紬」に決まる

政府、B型肝炎訴訟で和解協議へ(読売新聞)
<秋葉原>元SKDが進出 街頭でラインダンスを披露 (毎日新聞)
民主・山岡氏「普天間ってのは雲の上のお話」(産経新聞)
<劇団四季>14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
JR埼京線で人身事故、全線で運転見合わせ(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。