スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内田裕也、蓮舫行政刷新相にエール「ロックの魂を感じる」(スポーツ報知)

 菅直人新首相(63)は8日、内閣の顔ぶれを正式発表。目玉の1人が、行政刷新相に起用された蓮舫参院議員(42)だ。ロックミュージシャン・内田裕也(70)は、「ロックの魂を感じる」とエールを送った。

 内田は開口一番、「ストライクだね。女性、若さ、新鮮さがある。年下だから“ちゃん”づけで呼ばせてもらうよ。レンホーちゃんには、ロックンロールの魂を感じていたよ」。仕事でハワイに滞在中だが、入閣をニュースで知り「俺の魂を揺るがした」と話した。

 昨年11月の事業仕分けで蓮舫氏に注目するようになった。内田は「ロック界代表」として会場に足を運んだが、蓮舫氏が舌鋒(ぜっぽう)鋭く指摘する姿を見て「最初は口が過ぎると思った」。その後、4月に行われた2回目の事業仕分けも見学。黒いジャケットに赤と白のマフラー姿で現れ、蓮舫氏に5輪のバラをプレゼントした。今では「事業仕分けが盛り上がったのは彼女のおかげ」と評価している。

 91年の都知事選に立候補(落選)した内田は、政見放送でプレスリーの「今夜は1人かい?」を熱唱。税金の使途を明確にし無駄遣いの削減を訴えたが「タレント候補」と批判を浴びた。蓮舫氏もタレント出身だが「彼女のオーラは本物だ」とエールを送る。「帰国したら何かまたプレゼント贈るよ」

 「レンホーちゃん」は、内田の思いに応えられるか―。

 【関連記事】
内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学
本木雅弘に第3子 義父・内田裕也も祝福の「シェケナベイビー!」
行政刷新相に蓮舫氏
菅新首相、枝野幹事長を内定 消費者行政・少子化担当相には蓮舫氏

“女房役”仙谷官房長官 公務員改革 大言壮語の放り出し?(産経新聞)
<口蹄疫>戸別所得補償の特例措置検討へ 篠原副農相(毎日新聞)
菅首相会見速報(9)参院選勝敗ラインは50議席 (産経新聞)
高速5社、社長に民間人=天下りを排除―政府(時事通信)
日テレ社員装い、5万円詐取容疑(産経新聞)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。